Author

未分類

転職活動を今の仕事と並立して進行させる人が多いです。

転職活動を現在の仕事と同時に行っている人が多いです。けれども、仕事を続けつつ求人を調べながら、その応募手続きをしたり、面接を受けるのは精神面だけでなく肉体面も負担が大きいといえます。また、転職活動時は、現在の職場の同僚や上司にもバレないようにやり過ごす必要があります。
未分類

これから先、転職活動をするという時は、気になる求人(業…

今後転職活動をするのなら、気になる求人(あるいは業種)を見付けるたびにしっかり「〇〇業(気になる業種)、ブラック」でネット検索でチェックしておきましょう。求人票やあなたを担当してくれる転職エージェントの情報では、業界に関するマイナス部分について知ることはできません。
未分類

ほとんどの場合大手企業では、「定期採用」で人材募集することが普通なの…

一般的に大きな会社は「定期採用」で人材を確保します。ですから、転職で入る事は簡単ではありません。しかも都会エリア外だとその見込みは低くなります。例外的に、製造業に関連する企業においては、都市部でない地方の工業団地界隈に拠点としている多々あります。さらに、そういう地方の工場の場合、事業拡大とともに「途中採用」をしていることがよくあるので、そういったタイミングに転職するのも悪くないでしょう。
未分類

再就職するにも全部がスムーズに進行するかどうかはわかりません。

再就職を考える場合、全てが順調に運ぶというわけではありません。どうせするなら、どちらにしろ転職をしなくてはならないならあなたの年齢が若いうちにできるだけ早く考えておいたほうが良いです。平均として見た場合、30代前半までは希望を見出しやすいですが、30代後半~40代に至ってからの転職というのはかなり厳しくなります。
未分類

年内中に転職活動を考えている人で、次の仕事をはじめるまでにある程度期間がある場合は・・

近いうちに転職予定がある人で、次の仕事を始めるまでにまだ期間がある場合は、ぜひ「失業手当」をもらっておいた方がお得です。今働いている会社側が「雇用保険」を払ってくれている場合は、申請をすれば誰でも失業手当を受け取ることができます。また、ハローワークで手続きをしてくれます。
未分類

万が一、転身を決心を固めたなら、徹底的に周囲の人間には…

仮にあなたが、現職からの転職を決定したなら、まったく周りにはそれを伝えずに活動を進めていき、転職先が決まらないうちは、可能なだけ同僚に気づかれないようにいつもどおり仕事をするのがたいへん良い形といえます。現職中、この点を意識しておけば、もし希望通りの働き先がすぐに見つからなくても、転身時期を先送りにしつつ、今の職をそれまで通りに続けることもトラブルにはなりません。
未分類

転職の際に絶対に準備する必要のある履歴書や職務経歴書などにおいてですが・・

再就職する場合書かないといけない履歴書や職務経歴書などに関してですが、大体、手書きではなく、パソコンを使って作るのが主流です。日本では履歴書についてはパソコンで書かれたものではなく手書きで作るのが当然と思われることも多いですが、それは新卒の人の就活やアルバイトやパートの時の履歴書であって、実は、転職をする時に関しては履歴書は100%手書きじゃないといけないと断言することはできないのです。
未分類

転職する時に行われる面接を受ける時につけていく腕時計のことなのですが・・

転職の面接のときにする腕時計については、どう見ても目立つタイプのものはつけて行かない方が良いと言えます。この場合の腕時計で目立つものというのはブランドの腕時計であるとか、というだけではありません。真逆でチープなものに見えるとか、そういう目を惹くということで真反対の目立つ、ということで頭に入れておいてください。
未分類

転職活動を行う上での最後にクリアしなければいけない問題として…

転職活動を行う際の最後にクリアしなければいけない難問として、「現在勤めている企業をいかにして辞めるか」という問題があります。転職先の企業から採用の内定をもらえたとしても、今いる会社があなたを放出したくないとして慰留するというのもありがちなケースです。仮にそうなったとしても、負けることなく退職する、という強固な気持ちでいることを大切でしょう。
未分類

これはシフト制の仕事についてです。

これはシフトの仕事についての話です。決まった曜日に仕事できる人を募集する求人を頻繁に見るのですが、シフトの出し方や、休む方法の詳細を前もって尋ねておいたほうが良いです。以前に私自身が、産休で抜けた人の穴埋めとして、正社員として仕事をすることになったのですが、そこでは、「土曜、日曜」固定のシフトで、新入社員の私以外、誰も現場にいない状態という職場でした。
タイトルとURLをコピーしました