好きな分野の仕事に就きたいという風に思っている人は要注意です。

自分の大好きなことを仕事にしたいと考えている方は注意が必要です。

得意なことや好きな分野の仕事に就きたいと考えている方は注意です。これは、私が経験したことなるのですが、私は、食べることが好きでそれが理由で、以前は、料理店に勤めていた期間があります。その飲食店での業務内容は、そのお店で任されていた業務は、シンプルな盛り付けやホール業務です。この仕事内容に関しては、嫌とかいったこともなく楽しみながら仕事ができていました。けれども、人間関係のいざこざでとても嫌になってしまったのです。ということが引き金になり、仕事をやめることにしたのですが、その影響からか、好きだった食べることやその店でメニューとして扱っていた食べ物も嫌になり、よく似た店には現在も行くことができません。当時の匂いを思い出すだけで気分が悪くなります。仕事に就いた頃は、大好きだったことをキライになるなんて自分でもビックリです。自分の趣味に通じることや好きなことを仕事にしたいと夢見て、実現させることは本当に素敵ですよね。ですが、あなたの「好き」は、どのくらいすごいのか、まじめに自分自身に尋ねる必要がありそうです。

再就職で職場を一新するということは、自身に合う自分の希望に近い転職…

転職で仕事先を一新するということは、自身に合う自分にあった職場を見つけたいものです。勤務先、職場を変えると、自分にもってこいの仕事に、出会えるかもしれません。しかし、実際に行動するとなると、相応の努力やスキルを持っていないと、良い職は得にくいはずです。他の言い方をすると、自分自身が価値ある人材になれば、天職に就くことができるチャンスがある、ということです。今の時代は職業選択の自由が社会的にも認められているので、退職して転職しても偏見を持たれるなどのリスクも殆どありません。事実、終身雇用がなくなりつつある現在は「優秀な人材が欲しい」と思っている企業も多くなっているので、今の良い時期に転職を考えてみるのもアリだと思います。

ほんの2ヶ月まえに、転職をやっとしたというのに、入ってすぐ…

ほんの2ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりであるにもかかわらず、すぐに退職を決断する人が意外にも少なくないのです。何故そうかと考えてみると私の考えをいうと気持ちも新たに、環境で勤務を始めてみたものの、「自分自身の期待していた職場環境とけっこうギャップがあって幻滅した」「職場の雰囲気に馴染めない」という原因で退職を決意するのじゃあないかと思います。このような、転職における失敗をしないためには、やはり、情報収集を徹底するほかありません。手を抜くことなく行うべきなのです。業務におけるルール、通勤に掛かる時間、などいろいろ事前にチェックしておくことで気になる点は職に就く前の段階でチェックしておきましょう。

新しい転職先で、「年収」の理想を高くしないようにしましょう。

転職を考えているのならすぐに「年間報酬」の高望みはしないほうが良いでしょう。入社1年目の段階では、おおむね「試用期間」が含まれていることもケースが多かったりもします。自身の転職したときは、せっかく手にした職場だったものの、期待とは裏腹に前職の年間報酬とあまりイコールで変わりませんでした。それにプラスして、業務はキツく、とても責任が伴うものだったので、最初の1年は、ひどく骨が折れました。そういった実体験から1年目は、勉強に充てる期間と捉えておき、できる限り転職するよりも前からお金をためておいて、当面の生活を安定させるべきだと思います。

転職活動と現職の同時進行を行っている人は少なくありません。

転職活動と現在の仕事の同時進行を行っている人が多いです。忙しく仕事をしつつ求人案件を見て、応募の手続きをしたり、面接に臨むのは精神面だけでなく肉体面も苦しいものがあります。今の職場の同僚や上司にバレないように振る舞わなければいけません。そういった状況で「とりあえず応募しておこう」と考える人がいるのですが、もしも、書類選考をパスし、いざ面接というときに辞退すれば今後の転職がうまくいかなくなるおそれがあります。転職エージェントを使って応募していた場合は、エージェントに悪いイメージを与えてしまいますし、他方自身でダイレクトに応募した場合も応募した企業から電話やメールでの連絡がひっきりなしに掛かってくるかもしれません。いずれにしても自分の大切な時間をドブに捨てることとなるため、行くつもりのない企業は、最初から応募もしないのが無難です。新卒の就活とは全くことなることを理解しておく必要があります。


経営コンサルティングなら東京の英知コンサルティングへ
経営コンサルティング、人材育成コンサルティング、個人コンサルティング、FPコンサルティングなら東京の英知コンサルティング株式会社へ。国内唯一、全コンサルタントがMBAまたは中小企業診断士。全国対応。

コメント

タイトルとURLをコピーしました