未分類

未分類

年内中に転職活動を始める際、次の仕事を始めるまでに時間があるのな…

これから転職活動を始める際に次の仕事をする前にある程度期間があるのなら、「失業手当」をもらっておくことをお勧めします。この手当てはあなたが働いている会社側がもし「雇用保険」を支払っているのなら、必ず誰しも失業手当を受け取れます。手続きについては、「ハローワーク」で行う必要があります。
未分類

一度、現職からの転業を決定したのであれば、まったく周囲の人には…

もしも、現職からの転職を意思を固めたのなら、徹底的に周りの人間にはその気持ちを知られないように、首尾よく転職活動を進め、転職先が決定していないのなら、徹底的に同僚に悟られないよう普段どおりに仕事をするのがもっとも無難です。転職先が決まっていない間、その状態をキープしておくと、最悪の場合希望に沿う転職先を行き詰ったとしても、転職を遅らせながら、今の仕事を続けても容易にできます。
未分類

再就職の時に絶対に必要となってくる履歴書や職務経歴書についてですが…

転職をしようとする時に準備しないといけない履歴書に関しては、だいたいは自筆ではなく、パソコンを活用して作成するのが通常です。日本の中では履歴書はパソコンではなくペンを使って作るというのが普通だと思われていることも多いですが、それは新卒時の就活やアルバイトやパートの際に用意する履歴書であって、実際には、転職のケースは履歴書は必ずしも手書きでないといけないと断言はできません。
未分類

再就職の面接を受けるときにする腕時計については、明らかに目を惹くようなタイプ・・

再就職する際に行われる面接のときに着用していく腕時計のことなのですが、明らかに目立つ腕時計はやめた方が安心といえます。この場合の目立つ腕時計と言うのは明らかに高価なものだったり、といったことだけではありません。それとは真逆で安っぽいものに見えるとか、そのような真逆の目立つ、ということで認識しておいてください。
未分類

転職活動の最後の難関として、今勤めている会社の退職があげられます。

転職活動をする上での最後に残る難関として、現在勤務している会社の退職があげられます。転職先が採用の内定を出したとしても、現在働いている企業があなたを放出したくないとして慰留しに掛かるかもしれません。そのような場合は、困難に負けずに退職する、という強固な信念を持つことが大事でしょう。
未分類

「シフト制」の仕事に関する話なのですが、一定の曜日に勤務できる人を募集する求・・

シフトの仕事についてです。決まった曜日に働ける人を募集する求人を結構見ますが、もし、応募しようと考えているなら休み方やシフトの出し方については面接時に確認しておいたほうが良いです。それはなぜかというと、以前に私自身が、出産のため抜けた人の助っ人として、正社員としての仕事をはじめたのですが、そこでは「土曜、日曜」固定のシフトで、新人の私以外は、誰一人現場にいませんでした。
未分類

転職活動を現職と並行している人は少なくありません。

転職活動を現職と同時進行させる人は少なくありません。しかしながら、忙しく仕事を行いつつ求人案件を見て、応募の手続きをしたり、面接に行くのは精神的だけでなく肉体的にも大変だといえるでしょう。転職活動を行っている間は、現在の会社の同僚や上司にもバレないようにやり過ごさなければいけません。
未分類

転職活動のさなか、気になる求人(業種)を見つけたと・・

転職活動をしているなら、気になる求人(あるいは業種)を見た際に絶対「〇〇業、ブラック、デメリット」でネットでチェックしておきましょう。求人票や転職エージェントでは、業界のマイナス部分について、知ることはできません。ネットで調べればネット検索を活用することで瞬時に本来の姿を理解できるでしょう。
未分類

大きな会社は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めます。ですから…

ほとんどの場合一流企業は「定期採用」がメインなので、転職希望者には不向きです。さらに、都心以外だとそのチャンスはたいへん少なくなりそうです。ただ、製造業系においては、都市部でない地方の工業団地の近所に製造の拠点としていることも少なくありません。さらに、そういう工場は、事業拡大時等に「人員募集」を行っているので、その好機を利用して転職を検討してみるのもいいでしょう。
未分類

再就職をしようと考えていてもあらゆることが首尾よくい・・

仮に転職を目指そうとしても、全てが順調にいくかどうかはわかりません。遅かれ早かれ転職をしなくてはならないならいつか、しようと思っているならできれば早い時期に考えておくべきでしょう。平均としてみると、20代の若いうちは良い成果があがりやすいですが、残念なことに、30代後半~40代に入ってからの転職そのものがとても難しくなります。
タイトルとURLをコピーしました